IIJNextDrive、スマートメーターのBルートデータ取得が可能なIoTゲートウェイ機器「Cube J1」を共同で開発

-- ビックカメラグループにて9月7日より個人のお客様向けにも販売開始 --

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)とNextDrive株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:顔 哲淵、石 聖弘、以下NextDrive)は、スマートメーターとWi-SUN(*1)通信で接続し、Bルートデータをリアルタイムに取得する小型・軽量IoTゲートウェイ機器「Cube J1(キューブジェイワン)」を共同開発したことをお知らせいたします。本製品は、IIJが国内総販売代理店として本日より提供を開始、電力事業者やスマートハウス事業者などに対して販売いたします。

 

Cube J1は、Wi-SUN通信モジュールを搭載したNextDrive製ゲートウェイ機器「Cube J」に、IIJが開発したスマートメーターBルート接続用のソフトウェアを組み込んだ製品で、スマートメーターからBルートデータをリアルタイムで取得し、専用のスマートフォンアプリで外出先などから電力使用状況を確認することができます。電力見える化をはじめとした、HEMS(Home Energy Management System)としての活用が期待されるほか、温湿度センサやモーションセンサ、USBカメラなど、NextDrive製の各種デバイスと接続することが可能なため、ホームセキュリティや見守り、室内環境管理など、様々な用途に応用して利用することができます。さらに、IIJ IoTサービスにも対応しているため、同サービスと組み合わせてご利用いただくことで、取得した電力データをクラウド上に集約し、活用いただくことも可能になります。


Cube J1の主な特徴

・小型・軽量な電気プラグ型(本体をコンセントに差し込むだけで設置可能)

・専用スマートフォンアプリ「Ecogenie」から簡易に設定・操作が可能

・Wi-SUN通信モジュールおよびスマートメーターBルート接続用ソフトウェアを搭載

・ECHONET Lite(*2)認証およびAIF認証(*3)取得

IIJは国内総代理店として、本製品を電力事業者やスマートハウス事業者などに販売してまいります。また、個人のお客様向けには、ビックカメラグループ(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)の一部店舗、オンラインストアにて、2017年9月7日(木)より販売いたします(*4)。

IIJは、本製品を販売開始後1年間で5,000台販売することを目標としています。

(*1)Wi-SUN:スマートメーターの標準無線通信規格で、NICT(情報通信研究機構)が中心となり開発された。

(*2)ECHONET Lite:国内の家電メーカ、通信・電力会社などが加入するエコーネットコンソーシアムにより策定されたHEMS向けの通信標準規格。ECHONET Lite認証を取得することで、その適合性が示される。

(*3)AIF認証:スマートメーターを含む重点8機器と、そのコントローラ装置を対象とした機器間の相互接続性について、エコーネットコンソーシアムが策定したアプリケーション通信のインタフェース仕様に沿って行う適合性認証。

(*4)ビックカメラグループでは、本製品と連携可能なNextDrive社の温湿度センサ「Thermo Pixi」、モーションセンサ「Motion Pixi」、USBビデオカメラ「Cam」も2017年9月7日(木)より販売します。


主な仕様

• 無線通信規格:ROHM製 BP35C0 Wi-SUN対応モジュール / BLE / Wi-Fi b/n/g (2.4GHz) / ac (5GHz)

• インタフェース:USB 2.0

• フラッシュメモリー: 16GB

• システム:Linux 3.10

• データセキュリティ:Infineon社製OPTIGA™ セキュリティモジュール

• サイズ:48mm x 48mm x 43mm

• 重量:80g

• 給電:100V-240V 50 / 60Hz

• USB 出力:5V、0.5A

• 動作温度:0度~40度

• 対応するUSBデバイス:UVC(USB Video Class)対応USBカメラ製品

• 製品認証:TELEC、PSE、VCCI、ECHONET Lite、AIF

製品詳細はhttp://jp.nextdrive.io/ をご覧ください。

製品イメージ

利用イメージ

スマートフォンアプリ画面

家全体の電力使用量を表示

家全体の電力使用量を表示

日々の電力使用量をグラフで表示

日々の電力使用量をグラフで表示


IIJについて

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、東証第一部 3774)は、1992年、日本企業として初めての商用インターネットサービスプロバイダとして設立されました。現在では、IIJグループとして 8,500社を超える法人顧客に対して、インターネット接続、アウトソーシングサービス、WANサービス、クラウド等の各種ネットワークサービスから、システム構築、運用管理などのシステムインテグレーションまで、総合的なネットワーク・ソリューションを提供しています。IIJに関する詳細はhttps://www.iij.ad.jp/をご覧ください。

 

NextDrive株式会社について

NextDrive(聯斉科技)は、2013年に設立され、IoT 技術を志向するスタートアップ会社です。主な業務は、家庭およびビジネス向けのスマートエネルギー・マネジメントソリューションを提供することです。ハードウェア、ソフトウェア、クラウドからアプリまで、当社のエンジニアチームは強い垂直統合能力によって、さまざまな独自技術を開発し、モジュール化されたフレームワーク、プラットフォームの仕組みを採用し、サードパーティーはAPI やSDKを使用することによって、当社のサービスと高度な統合性ができます。近年、当社はIoTを応用した省エネルギーサービスに力を入れており、ホームセキュリティやヘルスケアの分野に進出しています。このうち、2017年に発表した Cube J は、日本のHEMS(ホームエネルギー・マネージメントシステム) に向けて開発した Wi-SUN内蔵型ゲートウェイがスマートグリッドやスマートメーターに対応しています。特色は、体積が小さいこと、電源一体化、スマートな省エネ機能及びモバイル端末による遠隔操作ができることです。ユーザーにより便利で直観的なエネルギー制御を提供します。NextDriveに関する詳細はhttp://jp.nextdrive.io/をご覧ください。



報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部 増田、荒井

TEL: 03-5205-6310     FAX: 03-5205-6377

E-mail: press@iij.ad.jp   URL: https://www.iij.ad.jp/

 

NextDrive株式会社  代表取締役社長 石 聖弘

TEL:03-5786-3257 

E-mail:shawn.shih@nextdrive.io  URL: http://jp.nextdrive.io/