CubeがECHONET Lite AIF 仕様認証を取得!家電機器や太陽光発電システムなどをCubeとEcogenieで制御可能に

この度、NextDrive社製 HEMS ゲートウェイ Cube(型番 Cube J)はエコーネットコンソーシアムが制定するECHONET Lite AIF認証を取得しました。これにより、CubeとCube専用アプリ Ecogenieは、家電機器の発電量や電力消費量を見える化に対応していくとともに、エアコン、エコキュート、蓄電池及び太陽光発電システムの自動制御にも対応していく計画です。

ECHONET Lite AIF認証制度とは

ECHONET Liteは、住宅向けのエネルギー管理システムや家電機器のスマート制御に採用され、住宅における家電制御に広く活用されています。

特に、電力消費量が大きい8機器(下記図をご参照ください)は重点機器として、第三者機関によるAIF認証制度も制定されております。

AIF認証制度は家電機器を安全・確実に制御する事を目的とした認証制度であり、ZEH+(ゼロ・エネルギーハウスプラス)支援事業(*)に定める必要要件の一つにもなっています。

(*)ZEH+(ゼロ・エネルギーハウス)支援事業については、資源エネルギー庁ホームページ(http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/)をご参照ください。

NextDrive CO.