Cube
はお家の頭脳

エネルギー管理のイメージを小さい立方体が覆す。

 
Group 28.png
 

簡単に家電とつなぎ、電力を一度たりとも無駄にしないようにサポートします

2017年にNextDriveが開発し、販売を開始したHEMS / IoT ゲートウェイCubeは、シンプルなセットアップと操作性によって、電気代を節約したい家庭のために、すぐに効果が見える節電ソリューションを提供します。

Wi-SUN、Wi-FiおよびBLE通信モジュールが搭載され、ECHONET LITE規格に対応しているCubeは、スマートメーターや蓄電池などとワイヤレスで接続、また、専用アプリECOGENIEで簡単に自宅の電力使用状況を見える化し、蓄電池の「ワンタップ節電」機能を使用することによって電気代を大幅に削減します。


 
jp_cube_banner.png

 

利用イメージ

日本国内の大手電力10社のスマートメーターBルートに対応

スマートメーターに Cube を接続しホームエネルギーマネジメントをはじめよう

 

スマートメーターとの接続までの流れ

1.お住いの地域の電力会社にBルートサービス(電力メーター情報発信サービス)の利用申し込みを行う

2.電力会社よりBルートIDとパスワードを受け取る

3.アプリ「Ecogenie」でスマートメーターと Cube を接続する

 

 

スマートメーターとつなぐ

Cube は、スマートメーターとワイヤレスで接続します。スマートフォンを通して、外出先でも電力使用量をリアルタイムに把握できます。

スマートメーターとの接続までの流れ

1.お住いの地域の電力会社にBルートサービス(電力メーター情報発信サービス)の利用申し込みを行う

2.電力会社よりBルートIDとパスワードを受け取る

3.アプリ「Ecogenie」でスマートメーターと Cube を接続する

詳細

cube 3 copy 2.png

 

蓄電池とつなぐ

Cubeを蓄電池とワイヤレスで接続し、ビッグデータ分析によって蓄電池の最も効率的な充放電スケジュールを自動設定します。

Ecogenie 插圖 (1)-12.png

 

暮らしにすんなりと馴染む

 

グッドデザイン賞

この「Cube」は、コンセントタップのような白いキュ ーブ型のホームゲートウェイを中心に、付随する他のデバイスと組み合わすことで、簡単にスマートホ ームが構築できる。サービスが機能ごとに切り分けられおり、ユーザがほしいサービスを認識&選択しやすい。それぞれのデバイスの形状は、機器を感じさせない、やわらかな造形言語を使用し、スマートホ ームビギナーにとっても、親しみやすいデザインでまとめられている。
— 審査委員の評価
 

数々の受賞歴


 
 

Cube が暮らしを見守る

白い Cube が将来数多くの家電とつながることができます。アプリで家電機器を簡単に制御し、生活をより便利にするとともに、電気料金の削減にもつながります。

 

製品仕様

ハードウェア規格

  • 無線通信規格:

    • Wi-SUN(ROHM製BP35C0)

    • Bluetooth 4.0 +

      • Bluetooth 4.0 以上に対応。Bluetooth 4.0 以下の場合は Cube との接続の際に直接接続モードを使うことを推奨します。

    • Wi-Fi b/g/n(2.4GHz),ac(5GHz)

  • インターフェース: USB 2.0

  • フラッシュメモリー:16GB

  • データセキュリティ:
    Infineon製 OPTIGA™ セキュリティモジュール

  • 対応するUSBデバイス:
    UVC(USB Video Class)対応USBカメラ製品

  • 製品認証:TELEC、PSE、VCCI、ECHONET Lite、AIF

  • サイズ:48mm x 48mm x 43mm

  • 重量:80 g

  • 電源:100V-240V  50 / 60Hz

  • USB 出力:5V、0.5A

  • 動作温度:0~40℃

対応するOSプラットフォーム

  • iPhone & iPad (iOS 10 +)

  • Android tablet & phone (Android 4.4 +)